うつとは違う心の病|適応障害の真実を暴け

周りのサポートの仕方

男の人

現代には様々な精神疾患があり、治りが早い方のほとんどが家族や周囲のサポートが万全だったことが鍵になっています。適応障害になった方が家族にいた場合、心のケアをしてあげることが一番です。また、言葉選びには慎重になる必要があるので、どのような言葉をかけてあげればいいか知っておくといいでしょう。例えば、焦らせるような言葉はかえって悪化させることがあるので、「今は治療に専念して仕事のことは後で考えよう」などといってあげるといいかもしれません。人によっては、働いていないことに対して自己嫌悪を抱いてしまう方もいます。ですので、働かないことが悪い事ではないとフォローしてあげるのが賢明です。精神疾患は完治するのに長い時間を要するので、夏休みだと思って接するといいでしょう。このように、サポートするだけでも当人の心が落ち着きを取り戻し、回復の兆しが見えてくるのです。こちらは、治らない病気ではないので、時間をかけて治していくようにしましょう。

適応障害という病気は長期的な治療が必要で、なるべくトラウマを思い起こさせないことが肝心といえるでしょう。例えば、トラウマの原因である職場や学校の近くに近付けないことや原因になった人に合わせないなどの対策が必要です。他にも、ずっと家にばかりいると更に具合が悪くなってしまう方もいるので、当人が外に出たがっている場合はできるだけドライブや散歩などに付き合ってあげるといいでしょう。この病気はふとした瞬間に元気になることがあり、甘えと思われる方がいますが、精神病と認定されています。ですので、誤解を生まないためにも、先ずは周りの方に適応障害のこ事実について知ってもらうことから始めてみるといいでしょう。

精神病にかかる多くの方はとても真面目で努力家の方が多いといわれています。しかし、努力したけれど思うような結果が出せなかったときに大きなストレスや自己嫌悪に陥り、適応障害などを発症させてしまうのです。ですので、何か声をかける時には、「頑張れ」などの言葉はとても酷といえるでしょう。頑張ってもどうしようもない時は誰にでもありますが、その責任感から精神疾患になっている場合は逆効果なので、「よく頑張ったね」などの柔らかい表現を心がけるようにするといいでしょう。健康な人にとってはどちらも同じように聞こえてしまいますが、当人はとても敏感になっているので、後者の言葉をかけてあげるようにするのが賢明です。

適応障害に患っている方は、自分のことを適応障害と認めたくないという方もいるでしょう。ですので、わざとらしい会話をすると逆鱗に触れてしまう可能性があるので、以前と同じような対応をするように気を付けるのが得策です。そして、家族や会社などが協力して当人が望む環境にできるだけ近付ける努力を怠らないことで、再発を防ぐことができるようになるでしょう。精神病はなりたくてなった人は誰もいませんし、満足な結果が出せず苦しんでいるのです。ですので、ただ激励をするのではなく、根源を理解したうえで接してあげるといいかもしれません。そうすることによって、一人でも多くの患者さんが早く笑顔を取り戻すことができ、健康な状態を維持することが可能になるでしょう。